古潭のご紹介

古潭の想い


古潭は1968年に大阪阿倍野の地下街に創業し、現在まで50年という歴史を刻むことができました。お客様が愛し続けて下さったことに感謝の想いでいっぱいです。創業当時の活気を忘れることなく、おいしさへのこだわりを持ち続け、更に多くのお客様が安心して食事をしていただける商品、サービス、空間を提供できるよう邁進しております。

らーめん専門店が少なかった創業時代には珍しくもあり、多くのお客様にご来店頂きました。らーめんという商品が手軽においしく早く召し上がっていただけるということが多くのお客様を通して認知して頂き、その後多くのらーめん専門店が出現してまいりました。

らーめんブームが到来する中、古潭らーめんは本物志向の味を変えることなく、守り続けています。奇抜さを追い求めるのではなく、お客様が愛してくださる創業当時の味を守り続け、万人に愛される「毎日食べても飽きない、どこか懐かしい安心する味」と評されることは、古潭らーめんの誇りだと思います。


時代と共に立地とニーズに合わせた店舗作りを行い、早くから女性やファミリーでご来店いただける店舗作りを目指してまいりました。
50年の歴史を経て、現在では三世代でご来店いただける店舗となり、お一人で手軽に食べていただけることはもちろん、ご家族でもゆったりと過ごしていただける店舗づくりへと進化しています。
更に、サービス業として安心安全と心地よさを追求してまいります。

古潭の歴史


・大阪のあべの地下センターにて創業
・梅田地区、難波地区を中心に多店舗化
・すべて直営店での営業によりクオリティを追求
・百貨店への進出を機に、女性客のニーズに合わせた点心等のセットを導入
・フードコート形態への出店
・中津本店にて初のキッズコーナー設置店舗の導入。

0.中津本店-4
2.阿倍野-1
omise_1

古潭のこだわり

創業当時からのこだわりの味を現在も受け継いでいます。しっかりとした深みとまろやかさを兼ね備えた唯一無二の秘伝のスープは食べ飽きない味で、多くのお客様に認められてきました。
豚骨・鶏ガラにたくさんの野菜をじっくりと煮込み、企業秘密の食材を入れると、秘伝のコラーゲンたっぷりのスープが完成します。
そのまろやかで、深みのあるスープに絶妙に絡むよう、しっかりと歯ごたえのあるオリジナルで中太の多加水麺を使用しています。
麺とスープをしっかりと味わって欲しいから、具材はシンプル。チャーシューは老若男女食べやすいように、ロース肉をやわらかくスライスしています。モヤシ、葱、人参を添えて野菜もバランスよく彩り豊かにトッピングしています。

kotan-r

現在の古潭があるのはお客様のお陰。そのことを常に意識して、感謝の心を持ってお客様をお迎えします。お客様の笑顔と「おいしかったよ」のお声をいただけることが何よりの宝です。食事の場としてだけでなく、居心地の良い空間を提供し、お客様の「いつもの場所」となることを目指します。

omise_2


飲食業として、もっとも重要視しなければならないの安全安心の商品を提供すること。お客様が常に安心して食事をしていただけるよう、食材はもちろん、調理器具への衛生管理も徹底しています。食材にはトレサビリティのしっかりとしたものを使用し、店舗の衛生管理のチェックも定期的に行っています。

kenkou2